婚約指輪イメージ

デザイン別に似合う婚約指輪

女性の左薬指にキラリと光る婚約指輪。
ダイヤの輝きについ目がいってしまうような、 存在感のある婚約指輪が一般的なイメージではないでしょうか。

最近では実に様々なデザインの婚約指輪が豊富にあります。
それぞれの特徴、どんな人に、どんな指に似合うのかを調べてみました。

一口に婚約指輪といっても種類があるのですが、まずは長く人気のある「ソリティア」。
印象的なダイヤが一粒突出したのタイプで、目を引きます。
6本の爪が付いていてダイヤを支える形になっているものが多く、シンプルな婚約指輪の定番と言えるでしょう。
そしてそのソリティアの横に小さなダイヤを添えて、
中心のダイヤを際立たせるタイプの「メレ付きタイプ」はシンプルだけど、
メレダイヤを付けることでより目を引くことでしょう。
また周囲にダイヤを散りばめた「エタニティ」。ぐるりと1周散りばめたものと、半周のものがあり、華やかでゴージャスなタイプです。
その他にも、フランス語で「石畳」という意味を持っている「パヴェ」は、
ダイヤがアームの部分に埋め込まれていて、シンプルかつ普段使いにももってこいのタイプ。

このように指輪の種類も様々ですが、それをベースに、アームの部分がウェーブしているものや、
V字、U字のもの、色がついているもの、花や王冠モチーフのものなどデザインも豊富です。
その中から、自分に似合う婚約指輪はどういったデザインのものが良いのか、指別にいくつかポイントを紹介します。

指(関節)が太い人は、関節を通り抜けたあとの指の根元が細く、指輪が回転してしまうことがよくあるようです。
ですので、回転しても気にならないようなデザイン=シンプルで全周にデザインが施されているタイプがおすすめです。
指が太く短い人は、アーム部分がV字、U字タイプの物を選べば目の錯覚で長く綺麗に見えるでしょう。
水掻きが気になる人もこういったタイプやウェーブしたデザインのものがおすすめです。
指が太く、指輪の食い込みが気になる人は、ボリュームがあり、
なおかつ柔らかいデザインのものを選びましょう。細くて華奢な指輪はNGです。
また日焼けで指が黒い人のであれば、ゴールをチョイスすると、よく似合います。

婚約指輪は、このような点を意識して選べば良いでしょう。

しかし、必ずしもこうでないといけないことはありませんし、自分が気に入ったものを身に付けたいのは当たり前です。
指の見た目だけでなく、その人全体が持っている雰囲気も重要ですし、
小さな指輪ですがトータルバランスも大切ですから、あくまでも参考にしていただいて、色んな指輪を試着してみて下さい。

最近ではダイヤモンドではなく誕生石などのパワーストーンを指輪に入れている方も多くいます。
これ!という運命的な出会いがありますように。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.