婚約指輪イメージ

婚約指輪は絶対買わなきゃ駄目?

よく婚約指輪は「男性の給料の3ヶ月分」なんてことを聞きますが、これはもう一昔前の話ですよね。
今時の結婚事情では婚約指輪を買わない人が増えているようですが、いざ自分が結婚するとなると、「やっぱり買わないのは非常識?」という思いが頭をよぎる人も沢山いると思うのです。

絶対買わなきゃ駄目?ということであれば、答えはNOでしょう。
実際に婚約指輪を買わずに結婚している人は少なくありませんし、結婚指輪があるなら必要性を感じないという人も多く、
結婚後も特別な日にしか登場しない婚約指輪に高い金額をかけて買うくらいなら、
他のこと(例えば結婚指輪、結婚式、新婚旅行、新居、生活費等)にお金をまわしたいという堅実な使い方を望む人も沢山います。
男性からしたらあまりメリットはないようにも思えますし、要は女性が婚約指輪に対してどう捉えているかが鍵になるでしょう。
最近は女性側からも「あまり使うようなものじゃないし、もったないからいらない」と断ることも多いみたいですね。
いらないという意見でお互いが一致するのであれば問題はないでしょう。

しかし、婚約指輪に対して昔から憧れてる女性も少なくありません。
そんなに高価なものでなくてもいいから、婚約した証が欲しいと思う気持ちも良く分かります。
自分のために、こんなに素敵な指輪をプレゼントしてくれた・・・ということに「大事にされてるんだ」という安心感や幸福感が得られるのも事実です。
そして結婚をすると決めたのならそのケジメとしても、はっきりとした強い意思を感じますし、女性側の両親にも「きちんとした人」という印象を持ってもらえるでしょう。
結婚は2人だけのことではなく、家族ぐるみのお付き合いが始まるわけですから、丸く納めるには当事者2人だけが勝手に進めていくのも角が立つ場合もあります。
そして、今の親世代はまさに冒頭で述べたような「給料3ヶ月分」が礼儀だという時代に結婚された方々が多いはずですから、単純に「いらないから買わない」というのは少し考え方にズレがでてくるかもしれません。

そういったことをふまえて、お互いが、またその両親が婚約指輪を買わないことに賛成であるならば全く問題はないでしょう。
確かに結婚してしまえば、婚約指輪の登場回数はぐっと減りますし、もったいないと感じるのもうなずけますが、今は婚約指輪も様々なデザインがあり、値段もお手ごろなものも沢山あります。
普段から結婚指輪のようにつけやすいものもありますし、結婚指輪と重ね付けして相性の良いもの、かつ日常生活に支障がないようなものであればタンスの肥やしになることもないでしょう。
そして、結婚したあと「やっぱり買ってもらえば良かった」と後悔しても遅いですし、婚約中の今だからこそ買えるので、よく考えて話し合ってみることをおすすめします。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.