婚約指輪イメージ

後悔しない婚約指輪の買い方

まず婚約指輪といえば多くの人がイメージするのは、大きなダイヤモンドが付いた婚約指輪ではないでしょうか。
しかし、一般的にそのイメージが定着してしまっていますが、実際はダイヤモンドではなくてもカラーストーンのリングでも良いのです。
2人の婚約を記念する指輪です。
記念碑として、一生残る思い出の品となります。

婚約指輪を選ぶ際に多くの人が、女性に似合うデザインかどうかを重要視して決める場合が多いようです。
記念の品としての婚約指輪なので、実際には女性に似合うか似合わないかは二の次で良いのです。
重要なのは2人の独身最後の婚約を決めた記念の品なので、2人が良いと思うデザインを選べば良いのです。

ダイヤモンドを選ぶ場合も、一粒の大きなダイヤモンドのデザインや、小粒のダイヤモンドを並べたファイブストーンリングやスリーストーンリングがあります。
男性の強い想いを伝えたいのであれば、予算の中で出来る限り可能な大きさのダイヤモンドのリング選ぶのも、女性に想いが伝わりやすく良いでしょう。
そしてダイヤモンドのカットの質は、ダイヤモンドの輝きを大きく左右します。
予算内であれば、カットの質は妥協しないようにしましょう。

また女性から「婚約指輪はいらない」と言われる場合もあります。
しかし、多くの女性は男性が全額負担をして購入する婚約指輪なので、遠慮している場合が多く本音ではないことが多いのです。
そして男性は言葉を素直に受けやすいです。
なので、女性の言葉を真に受けてしまい「そうか、いらないのか」で終わってしまうケースが多いのです。

これはデザインを選ぶ際にも、多く見られるケースです。
女性は気を使い選んでしまう場合があります。
男性はその気を使って選んだ女性のデザインを「このデザインが好きなのか」と間に受けてしまいます。
そのため、2人共が好みではなりリングを選んでしまうということになりかねません。

婚約指輪は、2人の記念のリングです。
お互いに妥協せずに、お互いの好みが一致するリングを選ぶのが、最も後悔しにくいと言えるでしょう。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.