婚約指輪イメージ

結婚指輪を準備する事は絶対の決まりではないがあるに越した事はない

結婚時には結婚指輪を準備し、二人の誓いの証として身に付けたりしておく事は一般的かもしれません。
作業系の仕事などを行っている場合に、指輪の混入などがあっては困る場合や金属を身に付けている事によって危険になる場合などは普段はつけないで保管しておく場合もあるかもしれません。
しかし一般的には既婚者であるか否かの判断をつける為にも結婚指輪で確認する場合などもある為に、既婚者であれば装着している事が多いのではないかと考えます。
私自身も一度結婚の経験がありますが、その際に結婚指輪は購入しませんでした。
それどころか婚約指輪もなく、結納なども交わす事がないままに婚姻関係になりました。
私も当時は若かった為に、そういった物がなかったとしても気持ちが満たされ、二人の間に愛情が深ければそれで良いと納得していたのです。
しかしやはりある程度の形式は大切な物であるのだと今では確信しています。
お金を掛けなくても愛があれば何とかなるであろうという私の考えは、相手からの愛がなくなった瞬間にあっけなく終わってしまいました。
結婚指輪の交換などを行い、結納などをきちんと交わした所で二人の関係が余り良い方向に向いていかない事もあるかもしれません。
しかししているのとしないのとでは訳が違います。
結婚する事にはやはりそれ相応のお金が掛かり、その分責任を負う事になるという事をしっかりと意識の中に植えつける為にも、そういった形式をきちんとこなす事が重要なのです。
私の場合もその時にはお金がなく、そういった事が出来なかったとしても、後の頑張ってきちんと指輪を購入するなどの話し合いなどをしていれば何かが違ったかもしれません。
二人の間の揺ぎ無い信頼関係を表現する為にも結婚指輪は必要なのかもしれません。
勿論指輪が合っても駄目な場合もあるかもしれませんが、やはり愛情だけでは暮らしていく事が出来ないといった点なども踏まえて、ある程度お金を結婚に対して掛けておく事が大切であるという事に繋がるのではないでしょうか。
結婚は二人の間だけの話ではありません。
自分の親や親族だけに留まらず、嫁いだ先の近所の人などにも結婚したという事実は知られる事となります。
その際にやはり結婚指輪の一つもないのであれば、特に田舎では礼儀がなっていないなどと感じられてしまう一つのきっかけになってしまうかもしれません。
人の第一印象という物はとても大切です。
一度余り良くない印象をもたれてしまうと、それを払拭する為には並々ならぬ努力が必要になります。
夫婦となり二人で支えあいながら一体感を持って生活していく上で同じアイテムを共有するという点も気持ちの面で大切でしょう。
値段の問題ではありません。
気持ちの問題です。
素材を問わなければ、比較的安価で手に入る指輪はいくらでもあります。
何事に対しても基本的な手順という物はしっかりと踏んだ上で事を行う事は大切です。
予算的な問題で悩む位であれば、結婚する事自体を先送りし、一定の期間で目標を立てて相手と結婚の為の貯蓄などをしても良いのではないでしょうか。
事を急ぎすぎる事は良い結果を生む事はないでしょう。
料理にしてみても下ごしらえがきちんと出来ている料理はとても美味しい物です。
何事もその精神で取り組む事が出来れば、失敗などを経験する事なく幸せを掴む事が出来るのではないでしょうか。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.