婚約指輪イメージ

失敗しない結婚指輪選びには半年くらいの余裕が必要

私が結婚指輪を探し始めたのは、結婚式の半年くらい前からでした。
独身の同僚からは「半年も前から指輪を探し始めるなんて、どれだけ彼女を愛しているんだよ」なんてからかわれたりもしましたが、既婚の同僚からは「それがいい」と背中を押されました。
当時は自分でも「半年前はちょっと早すぎるかも」なんて気がしていたのですが、今になって振り返ると、半年前から探したのは大正解でした。
式の三ヶ月前くらいでしょうか、その頃から式の準備が急に忙しくなり始めたのです。
そして、驚いたことに、その忙しさは式当日まで続きました。
こうなってしまうと指輪探しに取れる時間なんてありません。
既婚の同僚が背中を押してくれたのは、このことを知っていたからだったのです。
とはいえ、半年前だったからすべてがスムーズにいった訳でもありません。
私はジュエリーにあまり関心がなかったので、肝心の指輪のイメージを持っていなかったのです。
花嫁衣裳などは漠然としたイメージを持っていたのですが、指先までは気が回りませんでした。
指輪が必要だという程度の認識でした。
そんな私が取った手段は、「多くの店を回って、多くの指輪を見てイメージを膨らませていく」というもの。
これは既婚の同僚からのアドバイスで、自分でも効果的だと思ったのですが、なにしろ自分も彼女も働いている身、なかなかに時間が合いません。
そして、時間が合ったとしても、さくさく店を回れる訳でもありません。
商品を見て相談し、いくつか実際にはめて再び相談という作業を繰り返すので、時間は恐ろしい勢いで過ぎ去っていきました。
ようやく指輪のイメージが決まったあとも、指輪選びは終わりませんでした。
イメージに近い商品は見つけたものの、イメージぴったりという商品が見つからなかったのです。
こうなると、結婚指輪をオーダーメイドするしかありません。
オーダーメイドには3種類あって、手軽さ順に、レディメード(既製品のオプションを変更できる)、セミオーダー(決まったデザインから選ぶ)、フルオーダー(専門家と相談してゼロから製作)となります。
私たちが選んだのはフルオーダー。
完成までに2〜3ヶ月かかると言われ、式にギリギリ間に合うといった有様でしたが、フルオーダーに決めました。
既婚の先輩から「結婚指輪に遺恨が残ると、それをネタに何十年もぐちぐち言われ続ける」とか「奥さま同士のやりとりでは、指輪にさりげないチェックが入る」なんてアドバイスを受けていたのもありますが、何より「結婚式という人生のイベントを、記憶とは別の、指輪という形で手元に残しておきたかった」というのもあります。
そして、忘れてはいけないのが指輪の値段。
私の場合は、彼女が派手な装飾を嫌う性質だったので、シンプルなプラチナリングを選択し、35万円程度でした。
結婚指輪のアームとして人気の高いプラチナは、産出する国が少ないことから価格が変動しやすいので注意が必要です。
実際、私が指輪を購入したときも、それを聞きつけた既婚の同僚の一人が「プラチナリングがそんなにするなんて高い」といい、もう一人の同僚が「プラチナリングがそれで済むなんて安い」と言ったほどです。
ですが、毎日満足げに指輪を眺めている彼女を見ると、これで良かったのだと素直に思えます。
式の半年前から結婚指輪を探し始めた私は、今、後悔していません。
だからこそ、これから指輪を探そうとする人に「結婚指輪は半年くらい前から探した方がいい」とアドバイスをするのです。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.