婚約指輪イメージ

イミテーションダイヤの結婚指輪

私が結婚したのは13年ほど前です。
 借金が多く残っていたこともあり、結婚指輪を家内に買ってあげることが難しい状態でした。
 とりあえずプラチナのリングは買っておこうという事で、5万円ほどのをお互い買いました。
 しかし、結婚披露宴ではそれなりの指輪をお披露目することになるので、どうしようかと考えた結果がイミテーションの指輪です。
確か2万円程度で買えました。
 大きいダイヤが乗っていたのもあったのですが、あまりにわざとらしいのはまずいという事であえて一番小さいダイヤが乗っているものを買いました。
 昔、婚約指輪は月収2カ月分とか言うコマーシャルがあったのですが、その尺度で考えると本物のダイヤの指輪を買うとすると大した大きさのものは買えないという事はわかっていたからです。
 プラチナのリングは10年以上経った今もしていますが、最初はピカピカだったプラチナも年月が経つにつれて細かい傷が非常にたくさんついて、いぶし銀のような感じになります。
 結婚してから5年ほどたってから、百貨店に行った時ですが、家内が宝飾品のブランド店のショーケースを熱心に見ていました。
 通りかかると熱心に見ていることが多かったので、何を見ているかと思ったらフルエタニティリングを見ていました。
自分も見ていたら、家内が結婚指輪をまともに買ってないよねとつぶやきました。
 値段を見たら7けたの金額でしたが、その頃の自分にとっては買えない金額でもなかったので、買ってあげました。
 これで罪滅ぼしになったかなと思ったのですが、あとで家内に聞いたら冗談で言ったのにまさか買ってくれるとは思わなかったと笑っていました。
  この、フルエタニティリングという指輪は、小さいダイヤが指輪の周りを一周取り囲んでいるという恐ろしい指輪ですが、光を当てると信じられないほどきれいです。
値段は高いのですが、それなりの価値はあります。
 この年は、その百貨店で真珠の首飾りとかも買ったので、相当の金持ちと誤解されたらしく、しばらくの間ダイレクトメール等の攻勢が激しかったです。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.