婚約指輪イメージ

指にはめていなくても結婚指輪は大切な想いの形

結婚式のときに結婚指輪を改めて指にはめてもらったのですが、そのときはとても感動してパートナーに感謝しました。
結婚指輪はずっと身につけておくものなので、とても大切にしています。
最近は普段は無くすと怖いので家やパートナーと一緒のときだけつけている女性もいると聞きました。
ですが、結婚指輪をしている男性ははずすことが少ないようです。
男女ではやはり感覚が少し違うのもあるでしょうが、やはり形だけではなく、お互いにきちんと結婚という行動の意味を理解して大切に感じているから、はずしていても不安はないのだと思います。
お互いを思いやって大切にしていく、という思いを形にしたものが指輪です。
いつも身に着けておくことが理想ですが、それぞれの環境や仕事ではずしていてもいいと思います。
以前、指輪をしたまま仕事をしていて、いつのまにか指輪がなくなっていたことがありました。
本当に泣きそうなくらいに探してやっと見つかったので、最近ではあまり仕事のときには身につけないようにしています。
このようなこともあるので、指輪は大切に家で保管してパートナーと一緒にいるときにははめている、ということが多いのです。
結婚指輪の前に婚約指輪をいただいたのですが、それと一緒にはめていることもあります。
カジュアルなものを婚約指輪にしてもらったので、本当に色々な場面で利用しています。
結婚指輪も一緒にはめて楽しめるようなものにしてもらいました。
ですが、やはり婚約指輪よりも結婚したという証であるものである指輪はなくすと悲しいものです。
ですので、婚約指輪を結婚指輪をはめる指にはめていたりもしました。
指輪をなくした人は新しいものを購入してもらったということをきいたことがありますが、それはやはり結婚式のときのような喜びはあまりなかったということで、少し寂しそうでした。
ですが、それでもパートナーに改めて選んでもらい、もう一度おそろいの指輪をはめることにしたというときには、笑顔でとても嬉しそうでした。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.