婚約指輪イメージ

シンプルな結婚指輪の地味なこだわり

私の結婚指輪は見た目が非常にシンプルです。
正面で一度捻ったようなデザインですが、それ以外には本当に特徴的な部分がありません。
石も付いていないし、有名なブランドの物でもありません。
でも、私はこの結婚指輪をすごく気に入っています。
気に入っている一番の理由は、もちろん、夫とおそろいだということ。
夫と奥さんで微妙にデザインが違う指輪も売っていましたが、私と夫の指輪は、サイズ以外はすべて一緒です。
夫と一緒に選びに行けたというのも、とても大切な思い出です。
しかし、私がこの指輪を気に入っている理由はそれだけではありません。
実は、ぱっと見ただけではわからない、地味なこだわりがつまった指輪なのです。
まず、こだわりの一つ目は、指輪の内側に彫ってもらった文字です。
「結婚した日付」と「お互いのイニシャル」を彫ってもらっているのですが、そのイニシャルの間に四つ葉のクローバーのマークを入れてもらったのです。
通常は、イニシャルの間には「to」が入り、誰から誰に贈ったかがわかるようになっているらしいのですが、私たちはお互いがお互いに贈り合ったので、「to」は止めて、幸運の四つ葉のクローバーをいれてもらいました。
また、そのお店のご厚意で、カラーダイヤの小さなものをいれてもらったのです。
これも内側の見えないところなのですが、それがまた気に入っています。
新婚さんにはぴったりだという説明を受けて、青みがかった石が入っています。
どうやら青は新婚さんが幸せになるという言い伝えがあるようです。
内側にあるので、普段は見えないのですが、時々はずして内側を眺めるとなんとなく嬉しい気持ちになります。
一般的な結婚指輪に比べると、価格は安いし、有名なブランドのものでもありません。
デザインも、これといって特徴もないものですが、私にとっては世界に一つの、本当に本当に大切でお気に入りな指輪です。
自分が気に入っているというのが、何より大切だなと感じます。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.