婚約指輪イメージ

結婚指輪と言葉メッセージについて

結婚指輪を決める頃は、お互いにハードスケジュールで働いていましたのでなかなか一緒にはショップに見に行くことが大変な状況でした。
なので、インターネットのサイトやメールでのやり取りでの、結婚指輪の注文で商品を決めました。
婚約指輪の際も、新郎からのメールで突然にこの中から好きなデザインを選んで下さいというメッセージ付きでの、婚約指輪のショップサイトが送信されてきました。
その時は、大変嬉しく思いましたのを覚えています。
ネットショップサイトの中から一番初めにアップされたデザインを躊躇することなく決めて返信しましたら、すぐに日付けとイニシャルが送信され、これで良いか確認をお願いします。
との言葉が添えられていました。
その時は、私は初めて彼の実家へ行くことになっていましたので、その日に着て行くお洋服を選びに百貨店へ行っておりました。
そこで、このようなメールを頂きましたので、直ぐに宝石売り場へ行きリングのサイズを測ってもらいました。
あまり指輪や貴金属類は昔から付けなかったので、自分の指のサイズすら知りませんでしたから、慌ててしまうと同時に日付けのメールから入籍するんだなということが解り、ただただ嬉しく思いました。
いざ本番となるとあまり実感が湧かないのかと思いきや、彼のご両親にご挨拶をし入籍の紙にサインを貰って、初対面のご両親の前で婚約指輪を頂きはめて貰い、感激してしまいました。
其れから、先に春に入籍を済ませて、秋に挙式を迎えました。
その時の結婚指輪は、私の通った職場の最寄り駅が鶴という文字が入っていて、夫の職場の地名にも鶴という文字が入っていましたし、写真の前撮りをした際に着ました打ち掛けの模様も鶴でしたので、縁起も良いことからこれまたキクズルというショップの真鶴というデザインの結婚指輪を購入しました。
まさにデザインもすべて鶴の模様が施されていて、偶然にも二人の誕生石が指輪の内側にうめこまれていました。
大変気に入っているエンゲージリングです。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.