婚約指輪イメージ

男性が女性に婚約指輪を贈る意味

主人とは、結婚して十年にネりますが婚約指輪を贈られたのは付き合い始めて三カ月位経った頃でした。
事前に指のサイズはどの位と聞かれていたので、何となくは予想できたのですが、やっぱり指輪を貰った時は嬉しくて母親にも見せた事を今でもはっきり覚えています。
婚約指輪を贈る意味は、これから永遠にあなたを愛しますという誓いが込められているとされています。
デザインとしては結婚指輪より華やかな物が多く、固い絆を意味するダイヤモンドが選ばれる事が多いようです。
私が貰った婚約指輪はプラチナのリングに小さなダイヤモンドが埋め込まれているシンプルなデザインの指輪ですが、とても気にいっています。
結婚してからの生活もあったので結婚指輪も兼ねての指輪になりました。
最近のカップルでも将来の事を考えて指輪は一つにするというカップルも増えています。
高価な婚約指輪でなくても結婚を考えている人から贈られる指輪は、女性にとって特別な意味のあるプレゼントです。
金銭的に無理をしすぎなくても気持ちが込められた物なら喜んで頂けるはずです。
指輪の選び方やサイズがわからない場合には、一緒に指輪を選ぶ方法もあります。
サプライズが好きな方なら事前に彼女の好みのデザインやサイズを調べておく必要があります。
もし、サイズが合わなかった時にはサイズ交換や変更が出来るか、店員さんに確認しておく事が肝心です。
婚約指輪はこれから始まる二人の人生のスタートになりますから、お互いを思いやる気持ちを忘れないようにするべきなのではないでしょうか。
結婚してる間にはけんかをしたり、子供が生まれたり様々な問題や変化もあります。
それでも一緒に過ごしていく為には婚約した時の気持ちを忘れない事も夫婦にとっての大きな絆になります。
そして、何年経っても婚約指輪はお互いにとって大切な意味のある物としてあるのです。
指輪一つですが持ち続けていれば女性の中でも他には代えられない指輪になるのです。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.