婚約指輪イメージ

婚約指輪でパートナーに自覚をさせる

今婚約指輪をもらわないという女性も多くいます。
どうしても高価なものなので、そのようなお金があるのならば、今後の生活に使いたいという考えがあるからです。
しかし、私は実際にプロポーズがありませんでした。
付き合った時から結婚するような流れだったので、2年付き合ってそろそろというのがお互いの考えにあったからです。
そして、プロポーズがないまま両親への挨拶と両家の顔合わせとなってきたので、やはりどこかできちんとけじめをつけてほしいというのが私の気持ちでした。
そして、婚約指輪を買わないという選択肢を相手には与えず、きちんと買ってもらうことで婚約の証、プロポーズの代わりにしてほしかったのです。
そこで、私はサイズも小さいのでパートナーと二人でジュエリーショップへ探しに行きました。
婚約指輪を探している傍らで彼も結婚指輪を見たりしていたので、そこまで飽きることもありませんでした。
給料の三か月分というのは夢のような話で、実際に買おうとしていたのは、普段つけても怖くないくらいの値段の物でした。
あまり高価であると婚約中も着けなくなりもったいないと知人から聞いていたからです。
そして、購入したのはエンゲージリングとして推している商品というよりも、クリスマス限定コレクションという形で推している商品です。
そのため、ダイヤモンドの質がエンゲージリングよりも劣るということでしたが、売りに出すわけでもないのでそのようなことは気にせず、限定という言葉と可愛らしさと値段で決めました。
きちんと婚約指輪を買ったことは、パートナーへ婚約の自覚をさせるためにも良かったことでした。
また、自分は彼女に婚約指輪を買ってあげたというのは、ある意味自慢のようにも感じ取れました。
私たちには必要なことだったのだと思います。
何でも簡略化することが出来るこのご時世ですが、やはり二人に合った流れというのがあるのだと思います。
周りに流されないで自分たちの考えを貫き通したからこそ、無理のない選択も出来たのだと思います。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.