婚約指輪イメージ

婚約指輪をもらったときのおかえしについて

男女が婚約をする際、男性が女性に婚約指輪を贈るのはもはや定番であると言われていますが、近年、女性がいただいた婚約指輪へおかえしをするのが新たな流れになっていると聞きました。
わたしもプロポーズを受けた際に婚約指輪をいただいたので、おかえしをしました。
婚約指輪やそのおかえしに贈られたものを婚約記念品と呼ぶそうです。
その金額については、一番多いのは婚約指輪の半額程度だということで、半額程度のものを探しました。
人によって贈るものは様々で、贈る側が選んだり、贈られる側と一緒に選んだり、リクエストを受けたりといろいろあるようですが、よく贈られているものとして聞くのは、時計・鞄や靴、スーツなど、身に着けられるもの、日常的に使用できるものということです。
女性にとってのアクセサリーのような感覚で男性が使用できるものを贈る方が多いようです。
わたしは彼の意見も聞き、スーツの際に着用できるようなシューズを贈りました。
靴としては高価なものを購入して贈りましたが、婚約指輪が高価なものでしたので、結局半額にも満たない金額となってしまいました。
時計などを選べば半額ぐらいの金額になるようですが、実際は半額以下だったという方も多いようです。
そうして購入した婚約指輪・婚約記念品は、主に結納のときにお披露目され、その後から着用・使用するというのが主流な流れのようでしたので、わたしたちも例に漏れずそうしました。
指輪については婚約後すぐにいただきましたが、婚約記念品の靴についてはなかなか何を贈るかが決まらず、結納ぎりぎりの期限にて購入しました。
婚約記念品については、人によって何を贈るかから決めなければならず、決めるのに時間がかかってしまう方も多いようで、わたしたちもそうでした。
婚約の際の指輪はもはや定番ですが、新たな流れとして、婚約記念品を贈るというフも男性にとって嬉しい習慣かもしれないと感じました。
彼もとても喜んでくれました。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.