婚約指輪イメージ

ブランドの婚約指輪をもらう意味

めでたくプロポーズを受け、結婚が決まったカップルが、必ず通る道があります。
結婚への準備を進める上で、だいたい誰もが通る道です。
恋人関係からプロポーズまでのロマンチックな気分に浸っている場合ではなくなり、嫌が応にも現実の問題へ直面することになります。
それは、お付き合いではなく、結婚となりますと、お互いの両親や家族の習慣、考え方、そして何よりお金の問題が絡んでくるからです。
お相手が、大金持ちの上、お金をいくら使っても全く気にしない、結婚式から何から好きなようにやっていいという人と家族ならば、そういう問題は起きませんが、まず滅多にいないことでしょう。
わたしも、話にはいろいろと苦労話を聞いていましたが、実際に体験してみると想像以上に大変でした。
いま考えれば、あの道を越えられたからこそ、強まった絆というものもあったと思います。
さて、揉める原因の一つに、婚約指輪と結婚指輪が挙げられます。
特に婚約指輪については、そのようなものを贈ること自体、知らないという男性もいます。
婚約指輪は男性には贈られないので、興味が無いということかもしれません。
最近では、不景気を反映してか、あるいはしっかり者の女性が増えたのか、婚約指輪は要らないという人もいます。
婚約指輪など買ってもらっても、つける機会はあまりないし、それだったら、そのお金を引っ越し費用や新婚旅行代、あるいは貯金にまわした方が、よっぽど良いということのようです。
しかし、それではあまりに勿体ないと思います。
わたしは結婚指輪はお互い交換するものですので、お金を出しましたが、婚約指輪は絶対ゆずれませんでした。
というのも、婚約指輪のそもそもの意味のひとつは、離婚してもそれを売れば、すぐにお金に困ることが無いように、ということだからです。
そういう意味から考えると、売った時少しでも高く値がつくよう、人気のブランドを選ぶというのも一つの方法です。
わたしも気にいったブ宴塔hの指輪がありましたので、それにしました。

MENU

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.